ヤマト運輸 ヤマト運輸が行政に訴訟をするということの意味は? blogeer

ヤマト運輸 ヤマト運輸が行政に訴訟をするということの意味は?のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ヤマト運輸 ヤマト運輸が行政に訴訟をするということの意味は?

 ヤマト運輸は以前からよく行政を訴えるということがあるように思います。新聞にも、ヤマトはまたやったか!などと書いている事があったかと思います。これは、どういうことでしょうか?ヤマトの歴史的な背景になにか大きな理由があるのでしょうか?それとも、経営哲学か何かに元づいているのでしょうか?



ヤマトの歴史的な背景・・・

テレビ番組でも取り上げられた、有名な話なので、ご存知かもしれませんが、書きます。

その昔、まだヤマト運輸でなく大和運輸だった頃。

大和運輸も他の運送業者と同じように、企業から企業。企業から個人。という大口の仕事をしていました。

業者間の競争の中から生き残る方法として、ヤマトは

個人から個人の運送業務を行うようになりました。

宅急便の始まりです。

ただこの業務を開始するために認可の面でかなり、苦労されたようです。



スポンサーサイト

2008年06月06日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。