フェーン現象 台風13号に伴うフェーン現象について blogeer

フェーン現象 台風13号に伴うフェーン現象についてのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フェーン現象 台風13号に伴うフェーン現象について

今日(17日)の天気予報を見ていたら、明日、北陸地方がフェーン現象で気温が34~35℃と予想していました。専門の方、わかりやすく教えてください。台風は日本海の北側を通るようになっており、暴風域の予報円も北陸は外れています。このような状況の場合、北陸周辺がこのように高温になると予想されるのはどのような理由によるのでしょうか。



南風が日本アルプスにぶつかり上昇気流なるときは空気が湿気ているため0.5℃/100m程度気温が低下します。それと同時水分が雨となって降ることにより含まれる水分が減少します。

一方、アルプスを超えた風が下降気流となるときには既に雨により水分が減っているため乾燥した空気のため、1℃/100m程度気温が上昇します。

この気温変化のため起こる気温上昇ガフェーン現象です。

詳しくは下記Wikipediaをごらん下さい。



スポンサーサイト

2008年05月03日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。